一般社団法人 日本クナイプ療法協会
プロフィール

理事長 大井和子

  
1941年2月20日 東京の亀戸で生まれる
1959年4月 日本長期信用銀行本店に就職
1961年3月 渡米を考えドッドウェル&Co.Ltd.に転職
1962年 米国・加州証券Co.Ltd.に就職、1964年帰国
1985年 「がんと仲良くする会」事務局長を引き受ける
1988年 明治東洋医学院卒業 鍼灸師になる
1989年 (財)大阪クナイプ療法協会 常務理事 就任
1993年 (財)大阪クナイプ療法協会 理事長 就任
2014年4月 一般社団法人日本クナイプ療法協会 理事長就任


このページのトップ


専務理事 保元温

  
1952年 広島県三原市で生まれる
1975年 山口大学経済学部卒業
  兼松江商(現兼松)入社し、産業機械部総合レジャー開発部にてウォータースライダー、レジャー施設の企画開発を行う
  独・クアハウス、仏・タラソテラピーと出会う
2000年 兼松椛゙社後、 温浴会社にて、経営に携わる。 立地・装置産業としてのスーパー銭湯から「地域の健康づくりの場」への転換、ビジネスフィールドを地域活性化、健康づくりへと移行後、独立。
2014年4月 一般社団法人日本クナイプ療法協会理事に就任
2016年8月 専務理事就任
   趣味は山歩きと温泉とお酒


このページのトップ


理事 福岡讓一

  
1958年2月15日 兵庫県で生まれる
1981年 大阪経済大学経済学部卒業
1981年4月〜
1983年10月
1983年10月広畑海運株式会社勤務
1985年  ハーブを媒体として“自然と人”“人と人”との関わりを考えたハーブガーデンを姫路市香寺町に造り、京阪神のホテル・レストランとの交流を深めていく。
1991年  戸布引ハーブ園開園の監修にあたる。ホテルニューオオタニ大阪、神戸ポートピアホテル等のサロンを担当。
1995年  ニュージーランドのセントマーチェンスゼラニュームナースリーと姉妹ガーデンの提携を結ぶ。
1996年  植物の持つ色素・香り・機能や植物の共生の勉強を始める。
2000年  読売新聞やPHPにハーブの記事を連載。
2001年  株式会社香寺ハーブ・ガーデン設立 代表取締役就任、大阪大学・関西大学・兵庫県等と協同でハーブやバイオの研究を始める。
2003年  野菜より抽出した“ペプチド”の研究を行う。有限会社 ビック・ワールド設立(関西大学との共同ベンチャー)
2007年  野菜とハーブを通して新しい予防医薬の研究開始。
2012年  夢前工場設置
2015年  文部科学大臣賞受賞(科学技術賞開発部門)
2015年 株式会社山之内楽農倶楽部設立 代表取締役就任
2016年8月 一般社団法人日本クナイプ療法協会理事に就任
    

このページのトップ


監事 松本勝幸

  松本勝幸
1965年 8月28日大阪で生まれる
1989年 早稲田大学政治経済学部卒業
1988年 株式会社富士銀行入社
2004年 公認会計士試験合格
2005年 磯部公認会計士事務所
2008年 松本公認会計士事務所設立
2014年4月 一般社団法人日本クナイプ療法協会監事就任
 

このページのトップ

顧問 羽間鋭雄

  狭間鋭雄
1942年 8月31日生まれる
1965年 東京教育大学(現 筑波大学)体育学部卒業
1983年 関西医療専門学校卒業
〜2005年 大阪市立大学教授
1989年〜1990年 スタンフォード大学医学部 予防医学研究所 客員研究員
1980年〜 格好法人履正社理事
2010年 NPO法人Japan Medical Care Association 理事長
2014年〜 NPO法人情熱の赤いバラ協会 常任講師
2002年〜2014年 猪名川町教育委員
2007年〜2011年 猪名川町教育委員長
その他の略歴 【学会関連】
日本体育学会 評議員、日本生理人類学会 評議員、日本体力医学会 評議員、日本ヴェジタリアン学会 評議員、(財)フィットネス21事業団 評議員、日本教育医学会 理事、日本ゴルフ学会 理事
【講師(健康づくり、トレーニング科学論・実習、運動生理学、等)】
(社)国民健康づくり運動協会、(財)日本体育協会、(財)日本予防医学協会、 (社)日本トレーニング指導士協会、(財)大阪府レクレーション協会、 (財)大阪府社会保険協会、(財)健康・体力づくり事業団、 (財)日本健康文化振興会、(社)中高年齢者雇用福祉協会、 (労働省)中央労働災害防止協会
表 彰 地方教育行政功労賞(文部科学省)2015
顕功賞(猪名川町) 2015
市町村教育行政 功労賞(兵庫県教育委員会連合会) 2015
 

このページのトップ

Copyright(C) 2016 Kneipp Kur Gesel lschaft Japan e.V. All rights reserved